仙台市宮城野区《築年数 22年》三世代が、快適に過ごせる家

リノベーション事例    
施工前

リノベーション前

リノベーション前リノベーション前

新しい家族を迎えるにあたり、今住んでいる家のリフォームを決意したTさん。三世代がともに暮らすには、昔ながらの間取りはどうしても窮屈。そこでお客様がmuwakuの建築士に要望したのは以下です。

・手狭なダイニングを広い空間にしたい
・三世代が快適に過ごせる間取りや空間がほしい

施工中

リノベーション施行中

リノベーション施行中リノベーション施行中

施工後

手狭だったダイニングキッチンは、家の中心へと場所を移し、ゆったりと心地よい空間へ。床は温もりのある無垢のパイン材にしました。壁や天井も100%天然素材のEM珪藻土。キッチンカウンターの下には、シナの突板を使いオシャレな収納を造作。オープンタイプの対面式キッチンは、出入口からぐるりと回遊でき、アイランドキッチンのように使えるのもポイントです。

 

構造上、どうしても抜くことができなかった柱は新しく入れ替え、あえて空間のアクセントにしました。お母さまの部屋となる和室は、ダイニングから直接アクセスできるよう配慮。2面採光で陽当たりもとても良好です。

 

今回のリフォームは、耐震性を十分考慮しながら間取りを改新。三世代が同居するため、お互いのプライバシーを確保しながら、コミュニケーションが深まる住まいへと再生しました。

リノベーション後 リノベーション後 リノベーション後 リノベーション後 リノベーション後 リノベーション後

物件データ

建物種別 築年数 リフォーム費用 構造
マンション 22年 997万円 木造