宮城県塩釜市古きを残した、新しき二世帯平家

リノベーション リフォーム後    
施工前

リノベーション リフォーム前

リノベーション リフォーム前
リノベーション リフォーム前

宮城県にある広大な、二世帯が暮らす平屋リフォーム。玄関を挟み、東側が親世帯のスペース。左側西側が子世帯のスペースになっています。おじいさんが建てた代々受け継がれた建物のため、半分は元の雰囲気を残したいと希望をいただき、残すカタチでのリフォームに。お客様からのご要望として頂いたのが以下です。

・元の雰囲気を残しつつ、床暖房を入れるなど「機能面」を改良したい。
・玄関は、クロス補修と玄関入れ替えのみにしたい。
・子世帯は、広いリビングスペースを確保したい。

施工中

リノベーション リフォーム 施行中

リノベーション リフォーム 施行中
リノベーション リフォーム 施行中

元々「真壁造り」の構造だったこともあり、既存柱をそのまま活かす箇所で、解体時に柱の欠損が大きくなってしまう部分は、横に新設で柱を抱かせての「柱の補強」を行ないました。

また、以前に耐震補強の為の構造金物の補強を行なった箇所が見られましたが、柱頭部分のみの施工だったため、スケルトンにした際に、柱脚部分の構造補強も同様に行いました。

解体前の調査で「床の傾き」が見られた為、スケルトンエリアの床組みは下地から全体的に「高さ調整」を行い、仕上がりレベルで水平に戻す作業を行ないました。

 

beforeリノベーション リフォーム施行前
afterリノベーション リフォーム施行後

施工後

子世帯側は、広いリビングスペースを確保したいとのご要望を受け「梁補強」を行い、柱を抜くなど構造変更も実施。畳スペースの天井部分は、ウォルナットの板張りに。畳の下には収納も設けました。

既存部分を残す箇所は、解体時の資材を残し、新たに加工し直したものを使用することで改修工事前の雰囲気をそのまま残すことを心がけました。

特に玄関収納は、既存のものをそのまま使用すると収まらないことから、家具屋さんでサイズを変更。途中でカットし、側板や天板など再加工しています。

 

リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後
リノベーション リフォーム後

物件データ

建物種別 築年数 構造
戸建て 40年 木造